Tag Archives: 読

「霹靂」とはなんと読む?またその意味は?青天のへきれきの「へきれき」でした。

小説を読んでいると難しい漢字に遭遇しました。 「霹靂を恐れ・・・」 「霹靂」?? まったく読めません。 早速調べてみました。 「霹靂」とは「へきれき」と読んで、ことわざの「青天のへきれき」の「霹靂」だったようです。 意味…

Read More »

「放蕩」とはなんと読む?またどういう意味? (ホウトウ)山梨名物のほうではありません。

小説を読んでいると、ちょっと見慣れない文言を目にしました。 「さぞ放蕩された事で・・・」 「放蕩」?? まったく読めません。 早速調べてみました。 「放蕩」とは「ほうとう」と読み、意味としては、女遊びや酒びたりになる、思…

Read More »

「三顧草廬」とはどういう意味?またなんと読む?(さんこそうろ)

新聞を読んでいると全く意味の分からない四字熟語を目にしました。 「三顧草廬の思いで・・・」 「三顧草廬」?? 全く意味が分かりません。 早速調べてみました。 「三顧草廬」とは「さんこそうろ」と読み、意味としては簡単に言う…

Read More »

「おおせつかる」とはどういう意味?(仰せ付かる/仰せつかる)

先日業務の中でちょっと気になる文言が耳に残りました。 「前任よりおおせつかっております・・・」 「おおせつかっております」? なんとなく違和感が。 おおせつかる ってこのように使うんでしたっけ? その時は聞き流しましたが…

Read More »

「せっとうじ」とはどういう意味?またどうに書く?接頭辞 / 接頭語(せっとうご)とも言うそうです。

友人との会話の中でちょっと理解の足りない文言が耳に残りました。 「ど根性」の「ど」ってのは単にセットウジだから・・・ ふ、ふーん。。 (せっとう字)?? 会話の前後からなんとなく全体の意味は理解できたのですが、この「せっ…

Read More »

「憚れる」とはなんと読む?正解は(はばかられる)だそうです。

小説を読んでいると見覚えのない漢字を目にしました。 「人目が憚れるので・・・」 「憚れる」?? まったく読めません。 多分あれじゃないかなー、というのはあるんですが。 早速調べてみました。 「憚れる」とは「はばかられる」…

Read More »

「ふいちょう」とはどういう意味?またどのように書く?正解は「吹聴」と記述するとの事。

ラジオを聴いていると、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。 「なんだかフイチョウしているようで・・・」 「ふいちょう」?? なんとなく前後の会話から「おしゃべり」的な意味なのかと想像したのですが、ちょっとよく分かりま…

Read More »

「痴がましい」とはなんと読む?その意味は?(おこがましい)

新聞を読んでいると、ちょっと難しい漢字を目にしました。 「誠に痴がましい事例・・・」 「痴がましい」? 「ちがましい」?? まったく読めません。 早速調べてみました。 「痴がましい」とは「おこがましい」と読み、先輩を差し…

Read More »

「妙齢」とはなんと読む?またその意味は?(みょうれい)

小説を読んでいるとちょっと理解の足りない文言に遭遇しました。 「なんとも妙齢な美女が・・・」 「妙齢」?? 「みょうれい」?? 熟女的な意味でしょうか? 早速調べてみました。 「妙齢」とは予想していたとおり「みょうれい」…

Read More »

「不心得」とはなんと読む?またその意味は?(ふこころえ)

小説を読んでいると、読めない語句を目にしました。 「その不心得な行いで・・・」 「不心得」?? 「ふしんとく」?? 気になったので早速調べてみました。 「不心得」とは「ふこころえ」と読み、意味としては、心がけが悪い、わき…

Read More »