「アルビノ」とは何ですか?

ニュースで見かけました「アルビノの殺害事件が増えている」とのニュース。

私自身、初めて聞きました「アルビノ」という言葉。

さっそく調べてみました。

先天的に体内のメラニンが極端に少なく誕生する遺伝子疾患のこと。先天性白皮症、色素欠乏症、などとも言うようです。

つまり、メラニン色素が極端に少ないため、有色人種であっても白髪、肌の色も白、瞳の色は青や赤、などといった外見で、紫外線に対する免疫を持ち合わせていません。

よって、紫外線対策は必須。ですが完全に紫外線を防ぐことは、日常生活をすごす上で不可能ですので、健常者よりもサンバーン(赤くなる日焼け)や、皮膚がんのリスクなどが高くなります。

神の使いとして崇められる「白蛇」や、実験用の毛が白く目が赤いネズミなどもアルビノの一種。

「ホワイトタイガー」や「白馬」は突然変異の白変種で、いわゆる「アルビノ」ではありませんのでご注意ください。

[ LINK ] : 白い妖精 アルビノの花ばな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*