Tag Archives: 読

「泉下の客となる」とはどういう意味?またなんと読む?正解は「せんかのきゃく」と読むとの事。

小説を読んでいると見慣れない文言に目が止まりました。 「泉下の客となる。」 センカのきゃく?? 意味不明なので早速調べてみました。 まず「泉下」とは「せんか」と読み、意味としては、あの世、死後の世界、といった意味になると…

Read More »

「具現化」とはなんと読む?その意味は?(ぐげんか)

新聞を読んでいると見慣れない文言を目にしました。 「問題点を具現化する必要が・・・」 「具現化」?? ちょっと意味がはっきりしないので調べてみました。 「具現化」とは「ぐげんか」と読み、意味としてはまず先頭の「具現(ぐげ…

Read More »

「幾許」とはなんと読む?その意味は?(いくばく)

小説を読んでいると見慣れない文言が目に止まりました。 「幾許かの金を・・・」 「幾許」?? 読めないので早速調べてみました。 「幾許」とは「いくばく」と読み、意味としては、わずかな、少ない、または、量が不明な意味の、どの…

Read More »

「呉越同舟」とはなんと読む?またその意味は?(ごえつどうしゅう)

新聞を読んでいると、見慣れない四字熟語を目にしました。 「関係は呉越同舟な・・・」 「呉越同舟」?? 全く意味が分かりません。 早速調べてみました。 「呉越同舟」とは「ごえつどうしゅう」と読み、意味としては、仲が悪い者同…

Read More »

「容貌魁偉」とは何て読む?その意味は?正解は「ようぼうかいい」と読むとの事。

新聞を読んでいると見慣れない四字熟語を目にしました。 「まさに容貌魁偉でといった…」 「容貌魁偉」?? 全く意味がわからないし、読めません。 早速調べてみました。 「容貌魁偉」とは「ようぼうかいい」と読み、大きくて立派な…

Read More »

「鼓腹撃壌」とはなんと読む?その意味は?(こふくげきじょう)

小説を読んでいると見慣れない四字熟語が目に止まりました。 「まるで鼓腹撃壌といった…」 「鼓腹撃壌」?? 全く読めないし、意味も分かりません。 早速調べてみました。 「鼓腹撃壌」とは「こふくげきじょう」と読み、意味として…

Read More »

「書中の趣」とは何て読む?その意味は?(しょちゅうのおもむき)

仕事のメールで見慣れない文言に遭遇しました。 「書中の趣承知いたしました。」 「書中の趣」?? 意味としてはなんとなく理解できるのですが、「書中の趣」の「趣」はなんて読むのでしょうか? 趣味のしゅだから「しょちゅうのしゅ…

Read More »

「旦那然」とはどういう意味?他にも「○○然」との言いまわしが。

小説を読んでいると見慣れない文言に目が止まりました。 「いかにも旦那然とした態度で…」 「旦那然」?? だんなぜん?? 早速調べてみました。 が、意味が全然出てこないのです。で、よくよく考えてみると、「毅然(きぜん)」と…

Read More »

「筆舌に尽くし難い」とはなんて読む?どういう意味?良い意味でも使える?(ひつぜつにつくしがたい)

新聞を呼んでいると、ちょっと気になる文言を目にしました。 「なんとも筆舌に尽くし難い状況で…」 「筆舌に尽くし難い」?? これなんて読むんでしたっけ?? 気になったのでちょっと調べてみました。 ふで、した、に、つくし、に…

Read More »