Tag Archives: 故事

「匹夫の勇」とは何と読む?またどういう意味?正解は「ひっぷのゆう」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない語句に目が止まりました。 「それでは匹夫の勇で…」 「匹夫の勇」。。。 ひっぷのゆう??でしょうか。まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「匹夫の勇」と…

Read More »

「鵺」とは何と読む?またその意味は?正解は「ぬえ」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ意味の分からない語句を目にしました。 「脅かす鵺となる…」 「鵺」。。。 夜の鳥。。カラス?フクロウ?? まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「鵺」とは「ぬえ」と読ん…

Read More »

「いきにかんじる」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「意気に感じる」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる文言が耳に残りました。 「それがとてもイキにかんじてですね…」 「いきにかんじて」。。 粋に?息に??感じて?? 粋、にしては、発音が違ったような気がしました。…

Read More »

「市井の人」とはどういう意味?また何と読む?正解は「しせいのひと」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「これは市井の人にも…」 「市井の人」。。 シイのヒト?? 苗字か何かでしょうか?? 簡単な漢字なだけによく意味が分かりませんが、…

Read More »

「天一坊(てんいちぼう)」とはどういう意味?またその語源は?

読書をしていると、またひとつちょっと意味不明な漢字に目が止まりました。 「あれは天一坊な者では…」 「天一坊」。。 そのまま「てんいちぼう」でしょうか?テンイチボウなモノ。。 まったく意味が分かりません、、早…

Read More »

「狡兎死して走狗烹らる」とは何と読む?またその意味は?正解は「こうとししてそうくにらる」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと意味不明なことわざ?を目にしました。 「ともすれば『狡兎死して走狗烹らる』となる…」 「狡兎死して走狗烹らる」。。。 まったく読めません。またまったく意味が分かりません。 …

Read More »

「端倪すべからざる」の「端倪」とは何と読む?またその意味は?正解は「たんげい」と読むとの事。

読書をしていると、読みの分からない漢字に目が止まりました。 「… 端倪すべからざる …」 「端倪」。。。 まったく意味が分かりません。 早速調べてみました。 「端倪すべからざる」の「端倪」とは、「…

Read More »

「俯仰天地に愧じず」とは何と読む?またその意味は?正解は「ふぎょうてんちにはじず」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない語句が目に止まりました。 「俯仰天地に愧じず…」 まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「俯仰天地に愧じず」とは「ふぎょうてんちにはじず」と読んで、前半…

Read More »

そもそも「堂々巡り(どうどうめぐり)」とはどういう意味?またその語源は?

昨日の「神学論争(しんがくろんそう)」に関連して出てきた文言「堂々巡り(どうどうめぐり)」ですが、そもそもこの「堂々巡り」とはどういう意味になるのでしょうか?またその語源は? ちょっと気になったので早速調べてみました。 …

Read More »