Tag Archives: 慣用句

そもそも「あしをあらう」とはどういう意味?どういった語源?漢字で「足を洗う」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句がありました。 「しばらくしてアシをあらったので…」 アシをあらう。。。足を洗う?? よろしくない行いから身を引いた、付き合いをやめた、などといった意味にな…

Read More »

そもそも「ひとたまりもない」とはどういう意味?漢字で「一溜まりもない」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「そんなのが来たらヒトタマリもないよ…」 ひとたまり、も、ない。。。 ヒトタマリ。。 大きな力に耐えられない、といった意味になるのかとは…

Read More »

そもそも「じゅうばこのすみをつつく」とはどういう意味?漢字で「重箱の隅をつつく」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「本当に、ジュウバコのスミをつつくような事を…」 じゅうばこのすみをつつく。。 細かい事、些細(ささい)な事、といった意味になるかとは思…

Read More »

そもそも「なりものいり」とはどういう意味?漢字で「鳴り物入り」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またちょっと気になる語句が耳に残りました。 「ナリモノイリで登場した…」 なりものいり。。 鳴り物入り、でしょうか?そもそもこの「なりものいり」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょ…

Read More »

そもそも「そうまとう」とはどういう意味?漢字で「走馬灯」または「走馬燈」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「思い出がソウマトウのように…」 そうまとう。。 耳馴染みのある語句で、一瞬で次々に色々な思い出を思い浮かべる、といった意味になるのかと…

Read More »

そもそも「親の七光り(おやのななひかり)」とはどういう意味?その語源とは?

先日友人との会話中に、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「彼は親の七光りだからね…」 おやのななひかり。。 立派な親のお陰でチヤホヤされている、仕事が出来ている、などといった意味で使っていたのかと理解し…

Read More »

「ひょうきんをひらく」とはどういう意味?漢字で「胸襟を開く」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「お互いに、ひょうきんをひらいて…」 きょうきん、、を、、ひらく。。 胸筋。。胸の筋肉を、、開くのですか。。。 ちょっと気になったので早…

Read More »

「ひやめしをくう」とはどういう意味?漢字で「冷や飯を食う」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「真剣にヒヤメシをクウ覚悟で…」 ひやめしをくう。。 冷や飯、を、食う。ですよね? なんとなく、冷たくされる、といった意味になるのかと思…

Read More »

「獅子奮迅」とはなんと読む?またその意味は?正解は「ししふんじん」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ、ちょっと読みのわからない語句に目が止まりました。 「獅子奮迅の勢いで…」 獅子奮迅。。。 しし、、これってなんと読むのでしょうか?またその意味は? ちょっとハッキリしなかったので…

Read More »