Tag Archives: 慣用句

「ますせきをけがす」とはどういう意味?漢字で「末席を汚す」と記述するとの事。

ラジオを聞いてると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「私もマスセキをけがしております…」 ますせきをけがす。。。?? 話の流れから、参加している、といった意味になるのかと思いましたが、この「…

Read More »

「ふんけいのまじわり」とはどういう意味?漢字で「刎頸の交わり」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「○○と、ふんけいのまじわりのある…」 フンケイ、、の、まじわり。。 この「ふんけいのまじわり」とはどういう意味になるのでしょうか? ハ…

Read More »

「おちゃをひく」とはどういう意味?漢字で「お茶を挽く」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと意味のハッキリしない語句が耳に残りました。 「あの頃はおちゃをひくことも多くて…」 おちゃ、を、ひく。。。 お茶?を、引く?? この「おちゃをひく」とはどういう意味にな…

Read More »

「ぬすびとのひるね」とはどういう意味?漢字で「盗人の昼寝」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になることわざ?を耳にしました。 「ヌスビトのヒルネで…」 ぬすびと、の、昼寝?? この「ぬすびとのひるね」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったの…

Read More »

「かんてんのじう」とはどういう意味?漢字で「干天の慈雨」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと意味のハッキリしない語句が耳に残りました。 「まさにカンテンのジウで…」 かんてんのじう。。。 寒天?観点??ジウ。。?? まったく意味が分かりません。早速調べてみまし…

Read More »

「律義者の子沢山」とはどういう意味?また何と読む?正解は「りちぎもののこだくさん」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、ちょっと読みのハッキリしない語句に目が止まりました。 「律義者の子沢山とはよく言ったもので…」 律義者の子沢山。。。 リチギモノのコダクサン、でしょうか?? 意味がハッキリしなか…

Read More »

「燎原の火」とは何と読む?またどういう意味?正解は「りょうげんのひ」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「燎原の火の如く…」 燎原の火。。。 燎原??の、ひ?? この「燎原」とは何と読むのでしょうか? ハッキリしなかったので早速調べて…

Read More »

「としよりのひやみず」とはどういう意味?漢字で「年寄りの冷や水」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる文言が耳に残りました。 「それこそトシヨリのヒヤミズで…」 としよりのひやみず。。。 年寄りの冷や水、でしょうか?何か、ことわざ的な語句になるのかと思いますが、…

Read More »

そもそも「しびれをきらす」とはどういう意味?漢字で「痺れを切らす」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「我慢の限界でシビレをきらして…」 シビレをキラシテ。。。 しびれをきらす。。。 ガマン出来なくなる、といった意味になるのかとは理解して…

Read More »

「かみしもをきる」とはどういう意味?漢字で「裃を着る」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「カミシモをきるような男性と…」 カミシモをきる。。。 カミシモ??を、切る?着る?? ちょっと意味がハッキリしなかったので早速調べてみ…

Read More »