会社名や役職に様を付けるのはおかしいでしょうか?

毎日の仕事の中で時々再確認することがあります。
日頃、「株式会社○○ ヤマダ部長様」などと、メールの文頭に使っていたり、会話の中で「ヤマダ部長様」などと発言していたり。

ちょっと待てよ。
これっておかしいのでは?

気になりましたのでちょっと調べてみました。

まずはメールや手紙などでの書き方ですが、
会社名は「株式会社○○ 御中」とし、個人名が分かる場合は、「株式会社○○ 経理部 部長 ヤマダ様」と、会社名後の「御中」は付けずに記載するのが正しいようです。

口頭で呼びかける場合にも、「ヤマダ部長」または「ヤマダ様」が正しく、「ヤマダ部長様」と使うのは、重なった敬語になるので、あまりよろしくないようです。

私、個人的には、自社内での呼び方は「ヤマダ部長」でも問題ないのかと思いますが、社外の方に「ヤマダ部長」と呼びかけるのは、何となく呼び捨てているイメージがあって、ついつい「ヤマダ部長様」と言ってしまいます。ですので、役職名は省いて、「ヤマダ様」と、言うのがベターなのかと、自分では判断しています。

最近では、「ヤマダ部長様」といった表現も、「シーンによって使い分けてもいいのでは」とお考えの方もいらっしゃるようですので、本当はおかしいけど、さほど変でもないといった部類の言葉になるのではないでしょうか。

また「殿」という言い方もありますが、こちらは同等、または目上の者から目下の者に対して使う言葉なので、基本的に私は使いません。

丁寧すぎてもおかしいですし、失礼にな言い方になってしまっても大変ですし。
迷うところが多い「敬語」ですが、ビジネスの基本となりますので、今後も意識して勉強していきたいと思います。


One thought on “会社名や役職に様を付けるのはおかしいでしょうか?”

  1. まさにその通りで、おかしいはずなんですが、周囲はみんな使いますし、そうしないと注意されるんですよ。嫌な世の中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*