サメ(鮫)って全身が軟骨で出来ているらしい。(軟骨魚類)

先日聞きかっじた情報で、鮫(サメ)って固い骨がなくて、全身のほとんどが軟骨で出来ているらしいという噂を聞きました。あの獰猛で強靭なイメージのサメが全身軟骨で出来ているとは、ちょっと信じられませんでしたので早速調べてみました。

サメやエイの仲間は、軟骨魚類(なんこつぎょるい)といってやはり全身の骨が軟骨で構成されているそうです。軟骨魚綱(なんこつぎょこう)とも呼ばれるようです。そのためにサメの化石というのはほとんど発見される事がなく、唯一歯しか残らないのだとか。なので、一昔前は「天狗のつめ」などと言われて、由来の分からないものとされていたようです。

考えてみると「フカヒレ」はサメのヒレな訳で、軟骨だからこそ食べられるという事なのでしょうか。フカヒレで有名だった宮城県気仙沼周辺。東日本のいち早い復興を願ってやみません。

募金情報まとめ – 平成23年東北地方太平洋沖地震


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*