「金科玉条(きんかぎょくじょう)」とはどういう意味?

先日、新聞を読んでいると、見慣れない四字熟語に遭遇しました。

「金科玉条」??

早速調べてみました。

「金科玉条(きんかじょうぎょく)」とは、「金」や「玉」、今で言うところの宝石、財産、のように大事なもの。「科」や「条」は、決まり事や規則、法律を表していて、大事な財産をを守るように、キッチリと規則を守る。ということらしいです。

融通の利かない頭の固い人のことを指して、「金科玉条のごとく」というケースもあるそうです。

確かにルールは大切ですが、臨機応変に対応できることはもっと大事ですよね。
さじ加減が難しいですが、応用の利く人間になりたいものです。


One thought on “「金科玉条(きんかぎょくじょう)」とはどういう意味?”

  1. ピンバック: localpocky's reports

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*