「蛇蝎」とは何と読む?その意味は?(だかつ)

小説を読んでいると、見慣れない文言に目が止まりました。

「蛇蝎の如く…」
「蛇蝎」??

全く読めません。
読む気すら起きません。。

読書の手を止めて調べてみました。

「蛇蝎」とは「だかつ/じゃかつ」と読んで、「蛇(ヘビ)」と「蝎(カツ)」=「サソリ」なのだそうで、ヘビとサソリのように、人が恐れて嫌うものを言うのだそうです。

日本には元々馴染みのない「サソリ」と出てくるのに違和感を覚えたのでちょっと調べてみると、元々は仏教用語だったようです。また「蛇蝎のごとく」というテレビドラマもあったようですね。

「恐れて嫌う」というと、「いじめられっ子」が「いじめっ子」に抱く感情というニュアンスでしょうか。
いずれにしてもその様な人と遭遇したくはありませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*