「折目正しく(おりめただしく)」とはどういう意味?

「まだ若いのに、折り目正しくて素晴らしい人だね。」

と、先日上司から言われたのですが、「折り目正しく」とは、なんとなくキチンとしてるといったような意味合いかとは思っていましたが、よく理解していませんでしたので、改めて調べてみました。

辞書などで引いてみると、態度がきちんとしている、お行儀が良い、礼儀正しい、といったような意味合いだそうです。私の認識とほぼ同じでした。

ですが、話言葉ではあまり使わないようで、会話中で使用する場合は、「丁寧(ていねい)」「律儀(りちぎ)」「畏まって(かしこまって)」などと言うのが適切なようです。

「そんな 折り目正しく 謝らなくてもいいですよ。」
は、
「そんな 律儀に 謝らなくてもいいですよ。」
という事ですね。

ですが、親しい中にも礼儀あり。程よい「折り目正しさ」はどんな場面でも必須ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*