「想像だにしない」「予想だにしない」の「だに」とはどういう意味?語源は?

新聞を読んでいると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。

「こうなる事は想像だにしなかったであろう。」
「想像だに」・・・

想像出来なかった、との意味になるのは分かるのですが、この「だに」とはどのような意味なのでしょうか?
またその由来とは?

ちょっと気になったので調べてみました。

意味としては考えていた通り、「想像できなかった」との意味で間違いないですが、「だに」自身の意味は無いようで、いわゆる強調する言葉になるとの事。また「さえ」や「すら」と置き換えられるようです。「想像すら出来なかった」、成程。「直に(ただに)」や「唯に(ただに)」から由来しているといった事も言われてはいるようですが、どの説もはっきり正解という訳ではないとの事。

人生には予想だにしないことがごく稀に起こりますね。
当ブログもこんなに書き続けることになるとは、予想だにしませんでした。
今後ともよろしくお願いたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*