「大赦(たいしゃ)」とはどういう意味?

北朝鮮では金正日(キム・ジョンイル)の死去によってその息子の金正恩(キム・ジョンウン)に政権が引き継がれたようですが、今後とも隣国の変革に目が離せない状況ですね。何事も起こらない事を願ってやみません。それに関連した記事を読んでいると見慣れない文言を目にしました。

金日成(キム・イルソン)生誕100年と金正日(キム・ジョンイル)生誕70年に合わせて2月1日より「大赦」が行われるとのこと。
「大赦」?
「たいしゃ」??

ちょっと意味が分かりませんでしたので調べてみました。

「大赦」とは「たいしゃ」と読んで、有罪判決を受けている人の罪を減刑、刑罰免除、または消滅させることなのだそうです。違う言い方として「恩赦(おんしゃ)」と言うのは聞いたことがありましたが、「大赦(たいしゃ)」と言うの初めて聞きました。他にも「特赦(とくしゃ)」という言い方もあるそうです。

第一印象では「刑罰失効」的な意味かと勝手に想像しておりましたが、全く逆の意味でしたね。生誕を祝って特別に許しちゃおう!ってことでしたね。

さまざまな問題が平和的に解決する事を深く望んでおります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*