「喫茶店」と「カフェ」の違い

「喫茶店」と「カフェ」。ただ単に呼び方が違うだけではありません。

「カフェ」では、アルコールを提供できるのに対し、
「喫茶店」では、アルコールを提供できません。

純粋にお茶やコーヒーを楽しむお店が「喫茶店」。昔でいう「純喫茶」であり、アルコールを提供する「カフェ」は、「パブ」や「レストラン」に近いのかも知れません。

では、「スターバックス」や「ドトール」などのコーヒー店も「喫茶店」なの?となりますが、人によって呼び方はイロイロで、厳密に使い分ける必要はあまりないようです。

アルバイトをしようとしている方は、「アルコール飲料の有無」は、営業時間の時間帯などもありますので、注意した方が良いかもしれませんね。

[ link ] : はじめての「カフェ」オープンBOOK お店やろうよ!(1) (お店やろよう!シリーズ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*