「みずいらず」の語源とは?(水入らず)

他人に邪魔されない状態の事を「夫婦みずいらず」や「親子みずいらず」などと言いますが、コレってなぜ「みずいらず」というのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

なんとなく「水要らず」と記述するのかと想像していたのですが、「みずいらず」とは「水入らず」と記述するとの事。意味としてはもちろん他人を交えない事、ということですが、語源としては「水」と「油」に準えて、「油」が身内「水」が他人で、交わることがない両者に例えているイメージとの事。なるほど、水は入れない、入らない。という事ですね。

てっきり、水はいらない(要らない)の方かと思ってたので、目からウロコでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*