お加減はいかがですか?の使い方。健康な方に向けて文言ではないとの事。


メールの挨拶文などで、目にすることのあります「お加減いかがでしょうか?」という挨拶。この「お加減」とは本来どういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

これは本来、体調を崩されている方に向けて、「その後、体調はいかがですか?」といった使い方をする文言との事。そもそも「加減(かげん)」とは、その文字の通り、加える減らす、との意味で、物の量や温度などの丁度良いところ、と言う意味で、良い加減、などと言われます。病気ではない健康な方に向けて「お加減いかがでしょうか」と使う文言ではないとの事。

なるほど、やはりそうでしたか。
微妙な表現の多い日本語って本当に難しいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。