「路銀」とはどういう意味?

小説を読んでいると、ちょっと意味の分からない文言を目にしました。

「路銀は十分にある…」
「路銀」??
「ろぎん」でしょうか?

ちょっと意味不明なので早速調べてみました。

「路銀」とは「ろぎん」と読み、旅の資金、旅費、との事。
なるほど「路」=「旅」で「銀」=「お金」だったのですね。

昔は銀で作られた銀貨があったのでそういった謂れになったのだろうとイメージできますね。
またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

One thought on “「路銀」とはどういう意味?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。