「ストレンジ(strange)」「ストレンジャー(stranger)」とはどういう意味?

引き続き自力でスピードラーニング中です。
またひとつ耳に残るワードがありました。

「… ストレンジ …」

クラプトンが在籍していたロックバンド「クリーム」の曲で「ストレンジ・ブルー」という曲がありましたが。
まったく分からないので早速調べてみました。

「ストレンジ」とは「Strange」と記述して、奇妙な、風変り、といった意味になるのだそうです。変だね、とか、ちょっと変わってるね、と使っていたようです。

er を付けた「ストレンジャー(stranger)」との語句もあるなと思い出しました。これはたぶん「変な人」「変質者」的なニュアンスかと予想しますが。関連して調べてみると、こちらは直訳なイメージではなく「知らない人」または「外国人」「外国人の旅行者」と言った意味になるのだそうです。

「変な人」って事じゃないんですね。すっかりイメージは志村けんの「変なおじさん」になってましたが。

ちなみにクリームの楽曲「ストレンジ・ブルー」は「変な青」=ドラッグでトリップしてる?といったイメージかと想像しておりましたが、こちらの「ブルー」は「Blue」ではなく、ビールや醸造、お茶を煎れる、と言った意味の「Brew」だそうで「Strange Brew」奇妙なお酒、と言った意味になるようです。
関連してブリュワリー(Brewery)と言いますがビールの醸造所、併設されたパブ、といった意味なのだそうです。

なるほど、また諸々勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

2 thoughts on “「ストレンジ(strange)」「ストレンジャー(stranger)」とはどういう意味?”

  1. 通りすがりです。strange の語源を調べていてたどり着きました。
    私が調べた感じですと、strange は straight や street が語源に思えます。
    これらは、道、進む、直進のイメージで、新しい道を進むと見知らぬ、新鮮な、今までに見たことのない風景に出会う。それがstrangeかなぁと。
    そう考えると、stranger が知らない人というのが腑に落ちますね。では!

    1. コメントありがとうございます!
      確かに!イメージがわきやすいですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。