「むじん」とはどういう意味?「無尽」と記述するのだそうです。

ラジオを聴いているとちょっと意味不明な文言が耳に残りました。

「昔、ムジンの仕組みで…」
「無人」??

地域の皆で助け合った、保険的な話をしていたのですが。
「無人」って事なんでしょうか??

ハッキリしないので調べてみました。

この「むじん」とは「無尽」と記述して、昔の保険のような仕組みで、毎月決った金額を積み立てておき、何か問題が起こった時に使うといったものなのだそうです。現在のような保険商品が無い時分に発想された制度のようです。
この「無尽」の制度から、地方銀行や金融会社に発展したケースも少なくないのだそうです。また現在でも地域の積立貯金のような役割で継続している地域もあるとの事。

昔の人の生活の知恵だったのでしょうね。
一歩間違うとややこしい事になりそうですが。

まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。