「さんぱくがん」とはどういう意味?「三白眼」と記述するとの事。

ラジオを聴いていると、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。

「目もサンパクガンでクールでカッコいいですね…」
「さんぱくがん」??

目の形状の事を言っているのかとは思うのですが、この「サンパクガン」とはどういう意味なのでしょうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

「さんぱくがん」とは「三白眼」と書いて、黒目が小さき瞳の事を指しているとの事。黒目が小さい事によって、左右と下の3方向が白目になる、という意味で「三白眼」というのだそうです。

なるほど、黒目が小さい目の事だったのですね。

現在ではカラー・コンタクトなどで黒目を大きくするファッションもありますが、黒目が小さいとクールでカッコいい、更には怖い印象を与えるようです。昔の間違った話では、生物学上、犯罪をおこしやすい人間には人相にも特徴が出る、という事で、この三白眼や、左右の瞳が一定でない斜視などが挙げられていたのだそうです。今では何の根拠もない話と否定されているそうです。

確かに黒目が小さいと爬虫類的なイメージになって、ちょっと怖いイメージになりますよね。アニメや漫画でも、悪役のイメージは黒目が小さいケースが多いかと思います。
猫の瞳も昼間の縦長の黒目より、夜の真ん丸な瞳の方が可愛いですもんね。

まだまだ知らない日本語が沢山あります。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。