「いたちごっこ/イタチゴッコ」の語源とは?

繰り返しになって決着が付かない様子の事を「いたちごっこ」と言いますが、そもそも「いたちごっこ」とは何なのでしょうか?「ごっこ」と付いている通り「イタチ」を真似た遊びがあるのでしょうか?

ちょっと気になりましたので調べてみました。

「いたちごっこ(鼬ごっこ)」とは、「いたちごっこ、ねずみごっこ」と唱えつつ、相手の手の甲をつねり、自分の手をその上に乗せていくという遊びで、ネズミやイタチに噛付かれているようなイメージなので、そのような名前が付いたのだとか。エンドレスに繰り返して行くその様から由来しているのだそうです。何やら江戸時代後期に流行っていた遊びのようです。

調べてみるとそれぞれに意味があって面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。