Tag Archives: 難

「さわさりながら」とはどういう意味?漢字で「然は然り乍ら」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。 「さわさりながら、この問題も…」 「ワハサリナガラ」。。。 なんとなくどこかで聞いてますが、これってどういう意味になるのでしょうか?それはそれとして…

Read More »

「便宜上」とはどういう意味?また何と読む?正解は「べんぎじょう」と読むとの事。

新聞を読んでいると、ちょっと読みの分からない文言が目に入りました。 「それらは便宜上そのように…」 「便宜上」。。 まったくわかりません。早速調べてみました。 「便宜上」とは「べんぎじょう」と読み、意味として…

Read More »

「隔世の感」とは何と読む?またその意味は?正解は「かくせいのかん」と読むのだそうです。「隔世遺伝(かくせいいでん)」の「カクセイ」と同じとの事。

新聞を読んでいると、ちょっと難しい文言を目にしました。 「これまでの隔世の感を覚え…」 「隔世」「隔世の感」?? まったくわかりません。早速調べてみました。 「隔世の感」とは「かくせいのかん」と読み、激しい変…

Read More »

「匕首に鍔を打ったよう」の「匕首」とは何と読む?またその意味は?正解は「あいくち」と読むのだそうです。

新聞を読んでいると見慣れないことわざ?を目にしました。 「それでは匕首に鍔を打ったようで不釣合い…」 「匕首」。。 ななくび?じゃないですよね?コレって何と読むのでしょうか?またその意味は?? ちょっと気にな…

Read More »

「墳墓の地」とはどういう意味?また何と読む?正解は「ふんぼのち」と読むとの事。

昨日の「人間到る処青山あり」に関連して、諸々調べている最中にちょっと難しい語句を目にしました。 「青山」=「墳墓の地」 「墳墓の地」? 「ふんぼのち」で正解でしょうか?きっとお墓の事かとは思いますが、改めて知らべてみまし…

Read More »

「人間到る処青山あり」とはどういう意味?また何と読む?「じんかんいたるところせいざんあり」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとちょっと難しい語句に目が止まりました。 「人間到る処青山あり」 にんげんいたるところあおやまあり、でしょうか?それにしてもまったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「人間到る処青山あり」とは「じ…

Read More »

「老獪」とは何と読む?またその意味は?正解は「ろうかい」と読むのだそうです。

新聞を読んでいると、ちょっと難しい漢字を目にしました。 「様々な老獪な問題が…」 「老獪」。。 これって何と読むのでしょうか?またその意味は? 早速調べてみました。 「老獪」とは「ろうかい」と読み、経験を積ん…

Read More »