「ホーリーシット」とはどういう意味?英語で「holy shit」と記述するとの事。

映画を見ていると、またひとつちょっと気になるセリフが耳に残りました。

「ホーリーシッ!!」

カタカナ英語で書くと、ホーリーシット、となりますでしょうか。
前半の「ホーリー」とは、クリスマスの歌などで耳馴染みのある語句ですね。後半の「シット」とは、あまりよろしくない意味の、あの。シット、でしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「ホーリーシット」とは英語で「holy shit」と記述して、くそッ!や、まずい!、なんてことだ!、といった、驚きや不快感を表現する語句になるとの事。前半の「Holy(ホーリー)」とは、神聖な、聖なる、との意味のほか、口語やスラングでは、困った、驚いた、といった意味でも使われるとの事。後半の「shit(シット)」とは、大便、との意味で、日本語で言うところの、くそっ!くそったれ!、といった意味でも使われるとの事。合わせてイメージすると、くそ驚いた!!といったニュアンスになりますでしょうか。

なるほど。くそっ!との意味に、ヤバイ!といったニュアンスを含んだ意味になるのですね。
またひとつ勉強になりました。人生日々レッツスタディイングリッシュで御座います。