Tag Archives: 読み

「常住坐臥」とは何と読む?またその意味は?正解は「じょうじゅうざが」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと意味の分からない四字熟語に目が止まりました。 「常住坐臥を支配している…」 「常住坐臥」。。 まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「常住坐臥」とは「じょうじゅうざが」と…

Read More »

「皇紀」とはどういう意味?またその語源は?「こうき」と読む、神武天皇即位の年を基準としたカレンダーになるとの事。

読書をしていると、ちょっと気になる語句が目に止まりました。 「西暦を皇紀にすれば…」 「皇紀」。。 のうき?でしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「皇紀」とは「こうき」と読んで、正確には「…

Read More »

「きではなをくくる」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「木で鼻を括る」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になることわざが耳に残りました。 「キでハナをくくるような対応で…」 「きではなをくくる」。。 木で鼻をくくる、ですよね?くくるとは、しばる、縛り付ける、といった意味かと思いま…

Read More »

「百舌鳥の早贄」とはどういう意味?また何と読む?正解は「もずのはやにえ」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「枝に刺さる百舌鳥の早贄が…」 「百舌鳥の早贄」。。 ヒャクシタトリのハヤ〇×?? まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「百舌…

Read More »

「ことほぐに」とはどういう意味?漢字で「言祝ぐ」「寿ぐ」と記述されるとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「ことほぐにふさわしい日に…」 「ことほぐに」。。。 これってどういう意味になるのでしょうか? まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 …

Read More »

「一寸の虫にも五分の魂(いっすんのむしにもごぶのたましい)」とはどういう意味?

読書をしていると、ちょっと意味がハッキリしないことわざが目に止まりました。 「とはいえ一寸の虫にも五分の魂で…」 「一寸の虫にも五分の魂」。。 「いっすんのむしにもごぶのたましい」ですよね。小さな虫にもゴブの…

Read More »

「ワードローブ」とはどういう意味?英語で「wardrobe」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと意味の分からないカタカナ英語が耳に残りました。 「内装とあったワードローブで…」 「ワードローブ」。。 どこかで聞いた事があるような、ないような。。 ちょっと気になったので早速調…

Read More »

「憚り乍ら」とは何と読む?またその意味は?正解は「はばかりながら」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みが分からない語句に目が止まりました。 「憚り乍らご意見する…」 「憚り乍ら」。。。 これって何と読むのでしょうか? 早速調べてみました。 「憚り乍ら」とは「はばかりながら」と読ん…

Read More »

「ししるいるい」とはどういう意味?漢字で「死屍累々」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる四字熟語を耳にしました。 「シシルイルイの状況で…」 「ししるいるい」。。 音の響きだけ聞くとちょっとカワイイ感じの音ですが、話の内容から良い意味では無いようなイメージで…

Read More »