Tag Archives: 読み

「垂涎」とは何と読む?またどういう意味?正解は「すいぜん(すいせん/すいえん)」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと気にある語句に目が止まりました。 「垂涎の的になっている…」 「垂涎」。。 まったく意味が分かりません。。 早速調べてみました。 「垂涎」とは「すいぜん」と読んで、食べたくて涎が出る…

Read More »

「禍禍しい」とは何と読む?またその意味は?正解は「まがまがしい」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない漢字に目が止まりました。 「なんとも禍禍しい…」 「禍禍しい」。。 まったく読めません。早速調べてみました。 「禍禍しい」とは「まがまがしい」と読んで、不吉、いまいま…

Read More »

そもそも「がむしゃら」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「我武者羅」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「ここのところガムシャラにやってきたので…」 「がむしゃら」。。 一生懸命、といった意味では理解していますが、そもそもこの「がむしゃら」とはどうい…

Read More »

「枢機」とは何と読む?またその意味は?正解は「すうき」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない文言に目が止まりました。 「組織の枢機に…」 「枢機」。。 まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「枢機」とは「すうき」と読んで、物事の大切なところ、重要…

Read More »

「藩籬」とは何と読む?またどういう意味?正解は「はんり」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「藩籬を作らせ…」 「藩籬」。。 まったく意味が分かりません。また何と読むのでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「藩籬…

Read More »

「凡百」とは何と読む?またその意味は?正解は「ぼんぴゃく(ぼんひゃく/ぼんびゃく)」と読まれるとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない語句に遭遇しました。 「世界に数多ある凡百の…」 「凡百」。。 ぼんひゃく、でしょうか? なんとなく、たくさんある、といった意味になるのかとは想像できるのですが。 ち…

Read More »

そもそも「堕天使(だてんし)」とはどういう意味?またその語源は?キリスト教で言われる語句との事。

読書をしていると、ちょっと気になる文言を目にしました。 「堕天使達が集まった…」 「堕天使」。。 だてんし、ですよね? なんとなく、ダメな天使、といったイメージで考えていますが正しいでしょうか? ちょっと気に…

Read More »

「偶々」とは何と読む?「ぐうぐう」?正解は「たまたま」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない文言が目に止まりました。 「偶々出会ったので…」 「偶々」。。 ぐうぐう。。じゃないですよね。。 ちょっと気になったので早速調べてみました。 「偶々」とは「ぐうぐう」…

Read More »

「高邁」とは何と読む?またその意味は?正解は「こうまい」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと気になる語句が目に止まりました。 「彼が掲げる高邁な未来は…」 「高邁」。。 こうぐう?でしょうか? なんとなく、志が高い、といったニュアンスなのかとはイメージできるのですが。 ハッ…

Read More »

「灰燼に帰した」の「灰燼」とはどういう意味?また何と読む?正解は「かいじん」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない文言が目に止まりました。 「…辺り一面灰燼に帰した状態で…」 「灰燼に帰した」。。 この「灰燼」とはなんと読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気に…

Read More »