Tag Archives: 意味

「時に」とはどういう意味で使う?

友人とのチャットでのやり取りの中で、ちょっと気になるワードがありました。 「時に、例の件いつにします?」 「時に」?? 読み方は「ときに」かと思いますが、「時には失敗もするよ」といった使い方の、「ときどき」「まれに」「た…

Read More »

「親書(しんしょ)」とはどういうもの?「新書」かと勘違いしてました。

中国、韓国、日本の各国間で領土問題をめぐって、きな臭い雰囲気になっておりますが、今後どのように進んでいくのでしょうか。どちらの国にとっても、穏便に済ませるのが一番で、騒いでいるのは一部の活動家、またはそれに乗せられた人々…

Read More »

「パラリンピック」の「パラ」とはどういう意味?語源は?

盛り上がったロンドンオリンピックは無事終りましたが、パラリンピックは現在も行われているようですね。 オリンピックに比べて露出が少ないので、どのように進行しているのかが分かりづらいですが。 ふと気になりましたが、「オリンピ…

Read More »

「冥福(めいふく)を祈る」は、失礼にあたる場合もある?本当はどういう意味?

誰かがお亡くなりになられると、当たり前のように使われている「ご冥福をお祈りします」との文言。芸能人・著名人などが亡くなられると、ブログやTwitterなどで、「ご冥福をお祈りします」のワードが氾濫しますよね。 あれってみ…

Read More »

「至極全う」は間違い?「至極真っ当」が正解?(しごくまっとう)

先日、仕事の打合せの席で同僚にちょっと指摘されました。 「至極全う」と、記述したところ、「至極真っ当」が正解だよ。と。 違和感を感じつつも、その場では波風が立たないようにさっと流しましたが、ちょっと気になったので調べてみ…

Read More »

「木こり」の「コリ」ってどういう意味?(樵/きこり)

「きこり/木こり」とは、木を伐採し生計を立てている人の事ですが、ちょっと気になりました。 「木」は分かりますが、「こり」って何なのでしょうか? 気になったので早速調べてみました。 「木こり」とは、「樵」「木樵」とも記述し…

Read More »

「既知」とは何て読む?またどういう意味?(きち)

新聞を読んでいると、見慣れない文言を目にしました。 「あの事故は既知の事実で・・・」 「既知」?? キチ?? よく分からないので早速調べてみました。 「既知」とは「きち」と読み、すでに知っている、と言う意味なのだそうです…

Read More »

「楷書」とは何て読みますか?またどういう意味ですか?(かいしょ)

行政機関などに提出する書類などでたまに見かける語句に「楷書」というのがあります。コレって読みは「かいしょ」で間違いないですよね?なんとなく、ペン習字というヤツのように、きっちり書いてね、といった意味かと考えておりましたが…

Read More »