寝言に話しかけてはダメ?

「寝言と会話すると寿命が縮む」、「精神に異常をきたす」など、寝言に答えてはいけませんといったような話を聞いた事はありませんか?地域によって諸説あるようですが、本当に何がいけないのか、ちょっと調べてみました。

基本的に寝言を話すときは、睡眠が浅いレム睡眠時で、脳の一部は起きている状態。瞼の下で眼球が動いていたりすることも多く見られます。夢を見ているのもこの状態の時です。

脳の一部が起きている状態の睡眠時に寝言を言い、それに答え会話になるということは、睡眠中なのにもかかわらず、脳を刺激して働かせてしまうという事です。ですので、十分に休めない、起きても疲れている、寝た気がしない。といった結果になります。

人にとって睡眠は脳を休憩させリフレッシュする重要な時間です。冗談半分で寝言に話しかけるのは行わないよう、ご注意ください。

[ LINK ] : wiki レム睡眠
[ LINK ] : この、リンス泥棒!― 変な寝言が忘れられない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*