一両の価値はどのくらい?

時代劇や落語などで良く耳にする、「一両」という通貨単位ですが、これって現代の通貨価値に直すとどのくらいになるのでしょうか?なんとなく聞きかじった感じでは、10万円程度と記憶しているのですが、改めて調べてみました。

一口に価値と言っても、そもそも現代と価値が同じ位のものを探すのがまず難しいようです。例を挙げると、現在では高級な食事の代名詞と言っても過言ではない「お寿司」は、もともとは今で言う「ファーストフード」的な食べ物ですので、とても安い食べ物だったようです。お蕎麦やお酒も比較的安かったようです。そういった背景も含めて、お米の価格で比較すると以下のようになるようです。

  • 江戸時代初期 : 7~10万円
  • 江戸時代中期 : 3~5万円
  • 江戸時代末期 : 3~4千円

上記のとおり、時代の中でもかなりの違いがあります。

物語の中に出てくる大金の代名詞という事で言うと、おおよそ10万円程度に考えておくのがベストなのかなと再確認しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*