ジェネリック医薬品について

最近TVのCMなどで耳のすることの多いジェネリック医薬品(後発医薬品)。特許の切れた薬を製造し、患者さんに安く提供しようというものです。毎日の投薬が欠かせないような患者さんからすれば、1円でも安い方が良いに決まっておりますが、ジェネリック医薬品にも欠点があるようです。

まず、最先端の技術で出来ている薬ではないので、最新の医薬品と比べるとその効果には差があるようです。また、同じ成分とはいえ、製造方法や分量などには差があります。まったく同じ材料で料理を作っても、人によって味の違いがあるのと一緒です。ですので、新薬から乗り換えて、まったく同じ効果を期待するのはちょっと難しいようです。

私には効果覿面な頭痛薬「バファリン」ですが、人によっては「セデス」の方が効く、「イブ」がイイ、などとイロイロですね。とりあえずご自分で試してみて、自身に一番合ったものを選択していただくのが、最善の方法なのではないでしょうか。

[ LINK ] : wiki 後発医薬品
[ LINK ] : <イラスト図解>病院のしくみ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*