「雑居ビル(ざっきょびる)」とはどんなビル?雑居(ざっきょ)とはどういう意味?

「新宿の雑居ビルで火災がありました。」などと、ニュースなどで耳にする事のある「雑居(ざっきょ)ビル」という言葉ですが、そもそもどのようなビルの事を指しているのでしょうか?漢字のイメージからですと、雑然とした賃貸ビル、というイメージなのですが。

ちょっと調べてみました。

雑居ビルとは、飲食店や遊技店など、様々なお店などが入居して、それぞれ営業しているビルの事を指しているのだとか。つまりは、自社ビルなどの単一の会社のビルではなく、多種多様な店舗、事務所、住居が混在しているビル、と言う事ですね。

では、六本木ヒルズや丸ビルも雑居ビル?と思いましたが、あの手の大型商業ビルは一般的に「オフィスビル」と言われますよね。雑居ビルとはあくまでも、繁華街にあって看板などで派手に飾られているようなビルのことを言っているようです。

そもそも「雑居(ざっきょ)」とは、様々なものが混在する、といったようなニュアンスの意味で、その昔、外国人と日本人が混在する地域の事を、「雑居地(ざっきょち)」といったり、刑務所などの施設での複数の囚人が入る部屋の事を「雑居房(ざっきょぼう)」と言ったりもするそうです。

漢字の響きからして、あまり聞こえの良い言葉ではないですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*