「呉越同舟」とはなんと読む?またその意味は?(ごえつどうしゅう)

新聞を読んでいると、見慣れない四字熟語を目にしました。

「関係は呉越同舟な・・・」
「呉越同舟」??

全く意味が分かりません。
早速調べてみました。

「呉越同舟」とは「ごえつどうしゅう」と読み、意味としては、仲が悪い者同士が、行動を共にしたり一緒にいたりする事なのだそうです。故事「孫子」から、「呉」の国と「越」の国の関係は争い事も多く、普段は仲が悪いが、一緒の船に乗っていて転覆しそうになれば助け合うだろう。といった事から由来しているのだそうです。

夫婦関係や、芸人でいうところの相方さん、職場で一緒になる人などなど、運命共同体になって腹を見せ合う事となると、関係性が深まる反面、イヤな面もおのずと見えてしまうので、近親嫌悪となる場合も少なくないですよね。様々な場面で多い問題かと思いますが、これはなくなる問題ではないでしょうね。

自分自身が成長して、他人の嫌な麺でも受け入れられる、器の深い人間を目指そうと、改めて思いました。
なかなか難しいですけどね。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*