「ノンシリコン」のシャンプー。「シリコン」とは頭皮や髪に良くないのでしょうか?(シリコーン)

最近CMでよく見る噂のシャンプーを購入、現在使用しておりますが、パッケージをよく見てみると「ノンシリコン」との表記あり。
「シリコン」というと美容成形の豊胸手術などで耳にするワードですが、あれと同じものがシャンプーの中にも入っているのでしょうか?またこれって「無添加」的な意味なのでしょうか?「シリコン」は頭皮や髪、身体に悪いの??

ちょっと気になったので調べてみました。

調べてみるとまず初めに、豊胸手術などで使用される「シリコン」とシャンプーなどに配合されている「シリコン」は別物で、厳密には「シリコーン」と呼ぶとの事。

以下[ シャンプー基礎知識|【日本シャンプー分析研究会】 ]より転記
—–
化学的にシリコン(silicon)とシリコーン(silicone)は別物です。シリコンとは元素の一種でケイ素(Si)のことです。シリコーンは有機基の結合しているシリコンが酸素と連なってできている高分子化合物です。シャンプーでシリコンと呼ばれているものは、正式にはシリコーンの方です。
—–

またこの「シリコーン」は髪をコーティングする役割でシャンプーに配合されているのだそうです。この「コーティング」とのイメージが「毛穴に詰まる」「頭皮の環境に影響がある」などと言われている原因のようです。これがホントなのかウソなのかは分かりませんが、いろいろな意見を見てみるとさほど悪影響があるとも考えにくく、逆にその「コーティング成分」がもたらす恩恵の方が多いとも感じました。髪の保護、ダメージヘアの補修効果、しなやかにする、等々。

確かにこのシャンプーを使うと洗い上がりがギシギシとして、これまであまり使用しなかったのですが、リンスを使わずにはいられないようになりました。いずれにしても、自分に合って納得できるモノを使えればいいなと感じました。考えすぎは良くないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*