「がんじがらめ」とは漢字でどうに書く?またその語源は?

ラジオを聴いていると、なんとなく引っかかる文言を耳にしました。

「もうガンジガラメにされてる感じで…」
「がんじがらめ」。。

縛り付けられてどうにもならない状態、といった意味で記憶しているのですが、コレって漢字ではどのように書くのでしょうか?またその語源とは?

ちょっと気になったので調べてみました。

「がんじがらめ」とは「雁字搦め」と記述して、意味としては認識していた通り、しっかりと縛り付ける、束縛が多く自由な行動が取れない、といった事になるそうです。語源としては、鳥の「雁(がん)」から由来しているそうで、この雁が集団で飛ぶときに規則正しい格子状に編隊を組んで飛行する所に準え、紐や縄を幾重にも巻きつける様子を「ガンジマキ」または「ガンジガラミ」といったそうです。そこから派生して「雁字搦め(がんじがらめ)」と使われるようになったのだそうです。

他にも諸説謂れがあるようですが、有力なのはこの「雁」の謂れの模様です。

なるほど、鳥の雁から由来している文言だったとは知りませんでした。
またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*