「リテラシー」とはどういう意味?(literacy)

先日、仕事の会話の中で、意味不明なカタカナ英語を耳にしました。

「○○君はリテラシーが欠けてるので・・・」

前後の会話の内容から、なんとなく、仕事ができない、といったニュアンスで使っているのかとは理解しましたが、本当にその解釈で正解だったのでしょうか。

ちょっと不安だったので、調べてみました。

「リテラシー(literacy)」とは元々、コンピューターの処理能力を指して「コンピューター・リテラシー」といったりして、読み書きの能力、といった意味になるのだそうです。そこから転じて、理解力、知識力、教養、といった意味になったのだとか。
どうやら日本で使われるカタカナ英語の場合は、教養の深さ、仕事の処理能力、といった意味になってくるようです。

大筋では間違っていなかったようですね。
リテラシーが足りない、欠如してる、などと言われないように日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。