「サボタージュ」とはどういう意味?元はフランス語で「SABOTAGE」と記述するとの事。「サボる」の語源なのだそうです。

ラジオに流れている音楽を聴いていると、ちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。

「サボタージュ~」
「サボタージュ」??

たまに聞く語句ですが、どういう意味なのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「サポタージュ」とは元はフランス語で「sabotage」と記述して、労働者が機械や設備を破壊、損傷させて、業務を妨害する、人の業務を妨害する、と言った意味になるのだそうです。そこから、労働者のストライキ、や、仕事を怠ける、との意味になったのだそうです。これを元に「サボる」と言われるようになったのだそうです。

なるほど、このサボタージュを語源にして「さぼる」と言われていたのですね。これは初耳でした。
またひとつ勉強になりました。人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。