「よらばたいじゅ」とはどういう意味?「寄らば大樹の陰」というのだそうです。

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「それはやっぱりヨラバタイジュでね…」
「よらばたいじゅ」??

前後の話から、長いものには巻かれろ的な意味なのかとは予想できるのですが。
気になったのでちょっと調べてみました。

「ヨラバタイジュ」とは「寄らば大樹の陰(よらばたいじゅのかげ)」を省略した言い方だったようで、意味としては、小さな木のよりも大きな木の下の方が安全だ、大木の下の方が雨風がしのげる、といった事から転じて、大きな勢力を頼りにする方が賢明だ、といった意味なのだそうです。

おおよそイメージしていた意味と同じだったようです。
他にも「立ち寄らば大樹の陰」「寄らば大樹の下」とも言われるのだそうです。

まだまだ知らない日本語が沢山あります。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。