TAG

読み

  • 2022-03-08

「正」に似た「疋(ひきへん)」に「束」と記述する「疎む」とは何と読む?またその意味は?正解は「うとむ」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「認めながらも疎む姿勢が…」 疎む。。。??? この「疎む」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「正」に似た「疋(ひきへん)」に「束」と記述する「疎む」とは「うとむ」と読むとの事。「疎」の文字は、音読みでは「ソ」または「ショ」。訓読みでは、うとむ、のほか […]

  • 2022-03-02

「尸(かばねだれ)」に「者」と記述する「屠る」とは何と読む?またどういう意味?正解は「ほふる」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつ読みの分からない漢字に目が止まりました。 「一斉攻撃で敵を屠る事も…」 屠る。。。??? この「尸(かばねだれ)」に「者」と記述する「屠る」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「尸(かばねだれ)」に「者」と記述する「屠る」とは、「ほふる」と読んで、滅ぼす、殺傷する、家畜などをしめる、などとの意味になるの […]

  • 2022-02-22

「米(こめへん)」に「庄」と記述する「粧う」とは何と読む?またその意味は?正解は「よそおう」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない漢字に目が止まりました。 「綺麗に粧う姿に…」 粧う。。。??? この「米(こめへん)」に「庄」と記述する「粧う」とは何と読むのでしょうか? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「粧う」とは「よそおう」と読んで、身なりを整える、美しく飾る、準備をする、などとの意味になるとの事。「粧」の文字は、化粧(けしょう)などで馴染みのある音 […]

  • 2022-02-18

「火(ひへん)」に「欠」と記述する「炊ぐ」とは何と読む?またその意味は?正解は「かしぐ」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「米を数えて炊ぐような…」 炊ぐ。。。??? この「火(ひへん)」に「欠」と記述する「炊ぐ」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「炊ぐ」とはお米をたく「炊飯(すいはん)」でも使われる漢字で、音読みでは「スイ」。訓読みでは、たく、かしぐ、などと読んで、お米をた […]

  • 2022-02-10

「共」に「小」に似た「㣺」と記述する「恭しい」とは何と読む?またどういう意味?正解は「うやうやしい」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字がありました。 「とても恭しいご様子で…」 恭しい。。。??? 柴田恭平(きょうへい)さんなどのお名前で馴染みのあるこの「恭(キョウ)」、「恭しい」との語句ですが、これって何と読むのでしょうか?またその意味は?? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「共」に「小」に似た「㣺」と記述する「恭しい」とは「うやうやしい」 […]

  • 2022-02-08

「穴(あなかんむり)」に「牙」と記述する「穿つ」とは何と読む?またどういう意味?正解は「うがつ」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「通り道を穿つ事も…」 穿つ。。。??? この「穴(あなかんむり)」に「牙」と記述する「穿つ」とは何と読むのでしょうか? またその意味は?? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「穴(あなかんむり)」に「牙」と記述する「穿つ」とは「うがつ」と読んで、穴をあける、つらぬく、といった意味になるのだそう […]

  • 2022-01-31

「言(ごんべん)」に「青」と記述する「請ける」とは何と読む?またその意味は?正解は「うける」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと読みのハッキリしない語句に目が止まりました。 「代理業務を請ける業者が…」 請ける。。。??? この「言(ごんべん)」に「青」と記述する「請ける」とは何と読むのでしょうか? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「言(ごんべん)」に「青」と記述する「請ける」とは「うける」と読んで、今回の場合は、仕事を引き受ける、請け負う(うけおう) […]

  • 2022-01-27

「意気天を衝く」とは何と読む?またどういう意味?正解は「いきてんをつく」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと読みの分からない語句を目にしました。 「常識に意気天を衝く勢いで…」 この「意気天を衝く」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「意気天を衝く」とは「いきてんをつく」と読んで、意気込みが天を突きあげるほど盛ん、といった意味になるとの事で、四字熟語で「意気衝天(いきしょうてん)」とも記述するのだそうで […]

  • 2022-01-17

「拍つ」とは何と読む?またその意味は?正解は「うつ」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「手を拍つ度に…」 拍つ。。。??? この「扌(てへん)」に「白」と記述する「拍つ」とは何と読むのでしょうか? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「拍つ」とは「うつ」と読んで、手をたたく、リズム(拍子)をとる、といった意味になる模様でした。「拍」の文字は、音読みでは「ハク」または「ヒョウ」と読んで […]

  • 2021-12-22

「氵(さんずい)」に「登」と記述する「澄む」とは何と読む?またどういう意味?正解は「すむ」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつ読みの分からない語句を目にしました。 「冬は空気が澄む事で…」 澄む。。。???? この「氵(さんずい)」に「登」と記述する「澄む」とは何と読むのでしょうか?またどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「澄む」とは「すむ」と読んで、濁りがない、清らか、透き通る、などといった意味になるとの事。 「澄」の文字は、音読みで […]