TAG

読み

  • 2021-09-21

「言(ごんべん)」に「若」と記述する「諾う」とはなんと読む?またその意味は?正解は「うべなう」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「申し出を諾う事で…」 諾う。。。??? この「言(ごんべん)」に「若」と記述する「諾う」とはなんと読むのでしょうか? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「諾う」とは「うべなう」と読んで、意見などを受け入れる、同意する、といった意味になるとの事。「承諾(しょうだく)」や「快諾(かいだく)」など […]

  • 2021-09-17

「氵(さんずい)」に「鹿」と記述する「漉く」とは何と読む?またその意味は?正解は「すく」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、読みの分からない語句に目が止まりました。 「均一に漉く事で…」 漉く。。。??? この「漉く」とは何と読むのでしょうか? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「氵(さんずい)」に「鹿」と記述する「漉」の文字は、音読みでは「ロク」。訓読みでは、こす、したたらせる、すく、などと読んで、液体をこす、すくい取る、紙などをすく、などといった意味で使われ […]

  • 2021-08-30

そもそも「きみがよ」とはどういう意味?漢字で「君が代」と記述するとの事。

先日テレビを見ていると、某有名ミュージシャンさまが日本の国歌を歌われておられました。 「きーみーがーぁーよーおーわぁー」 皆さんご存知の「きみがよ」ですが、これってそもそもどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 そもそも「きみがよ」とは漢字で「君が代」と記述するとの事で、あなたの時代、といった意味になる模様。歌詞の全文「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌(い […]

  • 2021-08-26

「濯ぐ」とは何と読む?またその意味は?正解は「すすぐ」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと読みの分からない語句を目にしました。 「時間をおいて濯ぐのが…」 濯ぐ。。。?? こぐ、、?? この「氵(さんずい)」に曜日(ようび)の「曜」の右側を合わせた「濯ぐ」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「氵(さんずい)」に「羽」「隹」と記述する「濯」の文字は、洗濯(せんたく)の右側の文字 […]

  • 2021-08-04

「於いて」とは何と読む?またその意味は?正解は「おいて」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「このコロナ禍に於いても…」 於いて、、、?? ついて。。?? でしたっけ??? この「於いて」とは何と読むのでしょうか?ハッキリしなかったので早速調べてみました。 「於いて」とは「おいて」と読んで、「方(ほうへん)」に「仒」と記述する「於」の文字は、音読みでは「オ」または「ヨ」。訓読みでは、おいて、おける […]

  • 2021-07-23

「こうでい」とはどういう意味?漢字で「拘泥」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「必要以上に権力にコウデイすると…」 こう、、、でい。。?? この「こうでい」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 今回の「こうでい」とは漢字で「拘泥」と記述して、必要以上に気にする、物事にこだわる、といった意味になるのだそうです。「拘泥」の前半「扌(てへん)」に「句」 […]

  • 2021-06-25

「木(きへん)」に「章」と記述する「樟」とは何と読む?またどういう意味?正解は「くすのき」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みの分からない語句に目がとまりました。 「樟が繁る公園を…」 樟。。。?? この「木(きへん)」に「章」と記述する「樟」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「木(きへん)」に「章」と記述する「樟」とは、音読みでは「ショウ」。訓読みでは「くすのき」または「くす」と読んで、クスノキ科の樹木の名称にな […]

  • 2021-05-28

「へいげい」とはどういう意味?漢字で「睥睨」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句がありました。 「周囲をヘイゲイするように…」 へいげい。。?? 今回のこの「ヘイゲイ」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「へいげい」とは漢字で「睥睨」と記述して、横目でジロッっと睨みつける、威圧するように周囲を睨みつける、といった意味になるのだそうです。「睥睨(へいげい)」の […]

  • 2021-05-26

「氵(さんずい)」に「丁」と記述する「汀」とは何と読む?またその意味は?

雑誌を読んでいると、またひとつ読みのハッキリしない漢字に目が止まりました。 「袖の汀を発表した…」 ソデ、の、、チョウ??? この「氵(さんずい)」に「丁」と記述する「汀」とは何と読むのでしょうか? 全然分からなかったので、早速調べてみました。 「氵(さんずい)」に「丁」と記述する「汀」とは何とは、音読みでは「テイ」。訓読みでは、なぎさ、みぎわ、と読んで、波打ち際、岸、渚、波の立ってい […]

  • 2021-05-20

「氵(さんずい)」に「歩」、「頁」と記述する「瀕する」とは何と読む?またその意味は?正解は「ひんする」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ読みのハッキリしない漢字がありました。 「危機に瀕する問題を…」 瀕する。。。?? この「氵(さんずい)」に「歩」、「頁」と記述する「瀕する」とは何と読むのでしょうか? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「瀕する」とは「ひんする」と読んで、今回の場合は、差し迫る、近づく、といった意味になるとの事。「氵(さんずい)」に「歩」、「頁」と記述す […]