「左様」とはどういう意味?またその語源は?別れの挨拶「さようなら」も「左様なら」というのだそうです。

小説を読んでいると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。

「さすれば、左様なことであれば…」
「左様なこと」。。

この「左様(さよう)」ってどういう意味なんでしょうか?
またその語源は??

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「左様(さよう)」とは本来「然様」と記述して、「左様」と記述するのは当て字なのだそうです。その意味は、さようでございますか、と言うように、そうです、そのとおり、それでは、といった意味になるとの事。関連して初めて知ったのですが、別れの挨拶「さようなら」も、この左様に関連しているとのことで、それではまた、といったニュアンスで「さようなら」と言われるようになったのだとか。

へー!これは知りませんでした。
またひとつ勉強になりました、人生日々勉強ですね。