Tag Archives: 慣用句

「おにっこ」とはどういう意味?漢字で「鬼っ子」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「時代が生み出したオニッコのような…」 「おにっこ」。。 前後の話の流れから、なんとなく言いたいことは理解できたのですが、この「おにっこ」とはどう…

Read More »

「あおたがい」とはどういう意味?漢字で「青田買い」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「アオタガイですでに内定を…」 「あおたがい」。。 大学生の新卒入社の話だったのですが、この「あおたがい」とはどういう意味になるのでしょうか? ち…

Read More »

「いとめをつけない」とはどういう意味?漢字で「糸目を付けない」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「本当にお金にいとめをつけない感じで買うので…」 「いとめをつけない」。。 惜しむことなく、といった意味になるのかとは思うのですが、ハッキリしなか…

Read More »

「ほぞをかむ」とはどういう意味?漢字で「臍を噛む」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる慣用句?が耳に残りました。 「時間が戻ればなと、ホゾをかむ次第で…」 「ほぞをかむ」。。 コチラもどこかで見聞きした事のある語句ですが、そもそもどういった意味になるのでし…

Read More »

「きではなをくくる」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「木で鼻を括る」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になることわざが耳に残りました。 「キでハナをくくるような対応で…」 「きではなをくくる」。。 木で鼻をくくる、ですよね?くくるとは、しばる、縛り付ける、といった意味かと思いま…

Read More »

「一寸の虫にも五分の魂(いっすんのむしにもごぶのたましい)」とはどういう意味?

読書をしていると、ちょっと意味がハッキリしないことわざが目に止まりました。 「とはいえ一寸の虫にも五分の魂で…」 「一寸の虫にも五分の魂」。。 「いっすんのむしにもごぶのたましい」ですよね。小さな虫にもゴブの…

Read More »

そもそも「ずぼし」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「図星」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「それ、ズボシですよね?」 「ずぼし」。。 核心を突かれた、といったようなイメージなのかと理解しているのですが、そもそもこの「ずぼし」?「づぼし」?とはどうい…

Read More »

「むなつきはっちょう」とはどういう意味?漢字で「胸突き八丁」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「ここはムナツキハッチョウの正念場で…」 「むなつきはっちょう」。。 どこかで聞いた事がありますが、コレってそもそもどういう意味になるのでしょうか…

Read More »

「二の句が継げない」とはどういう意味?「にのくがつげない」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと意味のハッキリしない文言に目が止まりました。 「彼は二の句が継げない様子で…」 「二の句が継げない」。。 にのくがつげない、でしょうか。コレってどういう意味になるのでしょうか。 ちょ…

Read More »

「神学論争(しんがくろんそう)」とはどういう意味?水掛け論など、堂々巡りの議論と同様の意味になるとの事。

読書をしていると、ちょっと気になる語句に目が止まりました。 「さらに神学論争を繰り返す…」 「神学論争」。。 しんがくろんそう、だとは思いますが、コレってどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったの…

Read More »