「そろいぶみ(揃い踏み)」とはどういう意味?

「役者がそろう」といった意味で、「揃い踏み」という言葉がありますが、本来はどういった意味なのでしょうか?

良く理解しておりませんでしたので、調べてみました。

元々は相撲の専門用語で、「大関以下の幕内力士全員で土俵に上がって四股を踏むこと。」なんだそうです。同じような意味で「三役揃い踏み」という言葉もありますが、こちらは小結・関脇・大関の三役と同等な三力士が土俵上にて四股を踏む、千秋楽の結びの3番前に行われる儀式。だそうです。

「主要なメンバーが揃う。」といったような意味で、スッカリ普段使いの言葉として定着していますが、本当は相撲用語だったんですね。

まだまだ理解していない日本語があふれておりますね。再確認。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>