「牛蒡」とは何と読む?正解は「ごぼう」でした。

雑誌を読んでいるとちょっと意味の分からない文言を目にしました。

「ささがきにした牛蒡をさっと・・・」
「牛蒡」??
「ぎゅうほう」?

料理の話なので何か野菜的なものなのかとは予想できるのですが。
気になったのでちょっと調べてみました。

「牛蒡」とは、キンピラなどでお馴染みの「ごぼう」なのだそうです。なんでももともとは漢語で、「牛蒡」と記述していたようです。

関連して調べてみると、ごぼうを食べるのは日本、韓国のみで、多くの国では食べないのだそうです。
「木の根」を食べる、というイメージがあるようですね。
戦争の時、アメリカ人捕虜に対して好意を持って貴重な食べ物を提供したにもかかわらず、「木の根を食べさせられた」と勘違いした話もあるのだとか。

この手の読み方と実際のものとの認識が難しい漢字って結構ありますよね。
「海豚」「海豹」「河馬」等々、、。。 なかなか覚えられないです。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*