「尾羽打ち枯らした姿」とはなんと読む?またどういう意味?

新聞を読んでいるとちょっと難しい文言を目にしました。

「尾羽打ち枯らした姿で…」
「尾羽打ち枯らす」??
「オハウチカラス」??

意味としてはなんとなく落ちぶれているようなイメージを想像できるのですが、なんと読むのでしょうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

意味としてはイメージしていた通り、落ちぶれてみすぼらしくなる様を表現しているとの事。読みも「おはうちからす」で良いようで、羽が傷付いてしまいみすぼらしくなってしまったタカ(鷹)を模して例えている慣用句、ことわざのようです。

なんとも哀愁漂う、ちょっと寂しい語句ですね。
自分はそうならないよう日々精進したいと思います。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*