「うんざり」の語源とは?「倦んずあり(うんずあり)」から変化したとの事です。

梅雨で毎日蒸し暑くてジメジメで嫌になりますね。そのくせ雨はなかなか降らないという。。
局地的には雨が激しく降っているところもあるようですが、夏を前にうんざりしてしまいますね。

ん、うんざり??
「うんざり」って何からきている言葉なのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「うんざり」とは、飽きる、退屈した状態、という意味の「倦んずあり(うんずあり)」との語句から変化したとの事。
前半の「倦んず(うんず)」が、退屈、飽きる、嫌になる、といった意味で、後半の「あり」とは、そのような状態、という意味になるのだとか。

なるほど、初めて聞きました。
まだまだ知らない日本語がたくさんあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*