トイレの「WC」とはどういう意味?なんの略?

「WC」といえば、間違いなく誰でも知ってはいるけれど、その意味が分かる人は少ないのではないでしょうか。私も実は良く分かりませんでしたので、ちょっと調べてみました。

「WC」とは「ウォーター クローゼット(water closet)」の略で、直訳すると「水洗の小部屋」という意味だそうです。ちなみにこの言葉は和製英語なので、英語圏の方に「WC」と言っても通じませんのでご注意ください。但し、ドイツは日本同様に「WC」と表記することが多いようです。

ちなみに英語では、「トイレ」の語源である「トイレット(toilet)」は、便器そのものを意味する為、あまり使用されず、お風呂と一緒に設置させることが多い為、「bathroom(バスルーム)」や、休憩室との意味の「rest room(レストルーム)」と言うのが一般的だそうです。

日本語でも時代などによって、様々な呼び方があります。

  • はばかり
  • 雪隠(せっちん)
  • 厠(かわや)
  • 手水(ちょうず)
  • ご不浄
  • お手洗い
  • 化粧室

などなど。

落語や時代劇などで、「はばかり」や「かわや」など、たまに耳にすることがありましたが、その意味も最近になって知りました。

時代や文化によって表現が変わるのが、なんともいえず面白いものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*