「新巻鮭(あらまきじゃけ)」の新巻とはどういう意味?

先日、何気ない友人との会話中に聞かれたのですが、答えられませんでしたので改めて調べてみました。

新巻鮭の「新巻(あらまき)」とは何を意味しているのでしょうか?

鮭(シャケ・サケ)は今でこそ庶民的な魚ですが、保存技術の無い一昔前は、大変貴重で高価な物でした。保存のために塩干しした鮭を、新しい藁で巻いて贈答用に贈る習慣があったそうです。この「新しい藁(ワラ)で巻く」事から、藁の部分が省かれて、「新巻鮭」と呼ばれるようになったそうです。

お正月などの贈答用のイメージが強い理由には、こういった歴史的な意味合いも隠されていたのですね。納得、納得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。