「アジェンダ」とはどういう意味?


参議院選では大躍進となった、「みんなの党」ですが、今後もブレない姿勢で頑張ってもらいたいと思います。応援しています。

党首の「渡辺喜美」さんがしきりに、「アジェンダ」といっておりましたが、「マニフェスト」のような意味なのでしょうか?

ちょっとわかりませんでしたので調べてみました。

「アジェンダ(agenda)」とは、直訳すると、予定、予定表、行動予定、といった意味になるようで、「マニフェスト」の意味する「公約」とは違い、「党の行動予定に則って活動します。」という解釈になるでしょうか。

連立の打診が忙しいことと思いますが、「アジェンダ」から外れないよう、頑張っていただきたいと思います。

One thought on “「アジェンダ」とはどういう意味?”

  1.  少しひねくれたコメントです。
     それは政治家といわれる人たちが,これまでのふつうの日本語で十分表現ができるのに,それを使わずにカタカナ(それも誤って)で一般市民を煙にまこうという魂胆で,利用することが多いように思います。こうした場合は,市民は「眉に唾」してその中味を吟味することが求められます。たしか安倍晋三なる政治家は「戦後レジームの精算」と称しましたが,これは1945年以前の「戦前体制への復帰」と視た方がよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。