TAG

  • 2020-11-12

「馥郁」とは何と読む?またどういう意味?正解は「ふくいく」と読むとの事

読書をしていると、またひとつちょっと読みの分からない語句を目にしました。 「その馥郁とした…」 馥郁。。。?? この「馥郁」とは何と読むのでしょうか? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「馥郁」とは「ふくいく」と読んで、良い香りが漂う、香気がいっぱいに香っている様子、などとの意味になるとの事。「香」に「复」と記述する「馥(フク)」の文字は、訓読みでは、かおり、かんばしい […]

  • 2020-11-10

「むびゅうせい」とはどういう意味?漢字で「無謬性」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「ムビュウセイを疑わない態度が…」 むびゅうせい。。。?? この「むびゅうせい」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「むびゅうせい」とは漢字で「無謬性」と記述して、「無謬(むびゅう)」とは、理論や判断に間違えが無い、といった意味になるのだそうです。「言(ごんべん)」に […]

  • 2020-10-27

「ようかい」とはどういう意味?漢字で「容喙」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句がありました。 「私たちがヨウカイするものでは…」 ようかい。。。 妖怪。。?? 溶解。。??? 何となく政治関連のお話だった模様なのですが、今回のこの「ようかい」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 今回の「ようかい」とは漢字で「容喙」と記述して、クチバシを入れる、との意味から、横から口 […]

  • 2020-10-13

「帰趨」とは何と読む?またその意味は?正解は「きすう」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「選挙の帰趨を占う…」 帰趨。。。??? この「帰趨」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「帰趨」とは「きすう」と読んで、最終的に落ち着く事、行き着くところ、といった意味になるのだそうです。他の言い方で「帰趣(きしゅ)」「帰結(きけつ)」などとも使われる […]

  • 2020-10-09

「いずれあやめかかきつばた」とはどういう意味?漢字で「何れ菖蒲か杜若」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になることわざ?を耳にしました。 「いずれアヤメかカキツバタで…」 いずれ、あやめ、か、かきつばた。。??? どこかで聞いた事があるような無いようなことわざですが、コレってどういう意味になるのでしょうか? まったく意味が分からなかったので、早速調べてみました。 「いずれあやめかかきつばた」とは漢字で「何れ菖蒲か杜若」と記述して、「菖蒲(あやめ) […]

  • 2020-10-08

「兵站」とは何と読む?またその意味は?正解は「へいたん」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「兵站を重視する事が…」 兵站。。。?? 軍事関連のお話だったので、戦いの前線にいる兵隊さんに関連した事になるのかと思いますが、この「兵站」とはなんと読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「兵站」とは「へいたん」と読んで、最前線の後方で武器や食料、物資の補給など […]

  • 2020-09-14

「ようせつ」とはどういう意味?漢字で「夭折」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「○○のままヨウセツすべきだと…」 ようせつ。。。 溶接、。。??? 金属をくっ付ける溶接ではないと思いますが、今回のこの「ヨウセツ」とはどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 今回の「ヨウセツ」とは漢字で「夭折」と記述して、歳を若くして死ぬ、若死に、といった意味になるのだそう […]

  • 2020-08-25

「煽る」とは何と読む?またその意味は?正解は「あおる」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みのハッキリしない漢字に目が止まりました。 「聴衆を煽る行為など…」 煽る。。。??? この「火(ひ)」に「扇(おうぎ)」と記述する「煽る」とは何と読むのでしょうか?またどういう意味になるのでしょうか? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「煽る」とは「あおる」と読んで、風が吹いて物が動く、火の勢いが増す、転じて、他人を刺激してたきつける […]

  • 2020-08-24

「大顰蹙」とは何と読む?またその意味は?正解は「だいひんしゅく」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ読みの分からない漢字を目にしました。 「当時は大顰蹙で…」 大顰蹙。。。??? まったく読めません。何と読むのでしょうか?? はっきりしなかったので早速調べてみました。 「大顰蹙」とは「だいひんしゅく」と読んで、不快を感じてイヤな気分になる、眉をひそめる、との意味の「顰蹙(ひんしゅく)」に「大」が付いて誇張した意味になるとの事。「顰蹙(ひんしゅく)の前半、「步 […]

  • 2020-08-20

「氾濫」とは何と読む?またどういう意味?正解は「はんらん」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつ読みのハッキリしない漢字に目が止まりました。 「氾濫する危険性を…」 氾濫。。。??? この「氾濫」とは何と読むのでしょうか? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「氾濫」とは「はんらん」と読んで、河川の水が溢れる、洪水になる、との意味のほか、あまり好ましくないモノが市中に出回る、といった意味になるのだそうです。「氾濫(はんらん)」の前半 […]