Tag Archives: 読

「雀蛤となる」とはどういう意味?なんと読む?中国の古典から由来していることわざとの事。

小説を読んでいると、初めて目にする文言に目が止まりました。 「おりしも雀蛤となる…」 ??? まったく読めません。。 早速調べてみました。 調べてみると、中国の古典から由来していることわざのようで、「雀入大水為蛤」「雀海…

Read More »

「這々の体」とはなんと読む?またどういう意味?「ほうほうのてい」と読むのだそうです。

雑誌を読んでいると、ちょっと難しい文言が目にとまりました。 「這々の体で逃れ…」 「這々の体」?? 「はうはうのからだ」? 前後のイメージからなんとなくやっとの事で逃れた、といった意味なのは理解できたのですが。 ちょっと…

Read More »

「画龍点睛を欠く」とはなんと読む?またその意味は?「がりょうてんせいをかく」と読むのだそうです。

雑誌を読んでいると、ちょっと難しい文言に目が止まりました。 「全体では画竜点睛を欠く仕上がり…」 「画竜点睛を欠く」?? まったく意味が分かりません。 早速調べてみました。 「画竜点睛を欠く」とは「がりょうてんせいをかく…

Read More »

「他山の石」とはなんと読む?またその意味は?「たざんのいし」と読むことわざとの事。

小説を読んでいると、読みの分からない文言が目にとまりました。 「いかなる場合でも他山の石とすべく…」 「他山の石」?? 「ほかやまのいし」?? 初めて見る文言です。 早速調べてみました。 「他山の石」とは「たざんのいし」…

Read More »

「バチがあたる」のバチとは?「罰」を「ばち」と読ませているのですね。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「本当にバチがあたりますよ。」 「ばちがあたる」。。 「ばち」ってなんでしょうね。 太鼓叩く時の「バチ」??植木鉢などのお鉢の「ばち」?? 思えば幼少の時分か…

Read More »

「糊口」とはなんと読む?またその意味は?「のりくち」ではなくて「ここう」と読むのだそうです。

雑誌を読んでいると、なんて読むのか分からない文言に目が止まりました。 「家族の糊口を凌ぐ為・・・」 「糊口」?? 「のりくち」?? まったく意味が分かりません。 早速調べてみました。 「糊口」とは「ここう」と読んで、意味…

Read More »

「然る可き」とはなんと読む?その意味は?「しかるべき」と読むのだそうです。

新聞を読んでいると、読めない文言に目が止まりました。 「然る可き対処が必要である。」 「あるかき」?? まったく読めません。 早速調べてみました。 「然る可き」とは「しかるべき」と読むのだそうです。 あ、、しかるべき、、…

Read More »

「せどり」とはどういう意味?「競取り」「糶取り」と記述するのだそうです。

小説を読んでいると、危機馴染みのない文言を目にしました。 「古くからせどりを生業としてきた・・・」 「セドリ」?? 「背鳥」?「瀬取り」?? 前後の文章から職業の一種なのかとは想像できますが、まったく意味が分かりません。…

Read More »