CATEGORY

言葉文章文言関連

  • 2012-11-21

「まにうける」の語源とは?(真に受ける)

ラジオを聴いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「彼女はまにうけるからねー。」 「まにうける」?? 冗談が通じないといった意味かとは思いますが、ちょっと気になったので改めて調べてみました。 「まにうける」とは「真に受ける」と記述して、意味としては認識していた通り、冗談が通じない、本当の事と思ってしまう、といった事になるとの事。 なるほど、漢字で書いてみると、「真」で受止めてしまう、と […]

  • 2012-11-20

「ふくしん」とはどういう意味?(腹心)

ラジオを聴いていると、聴きなれない文言を耳にしました。 「彼は大事なフクシンですから・・・」 「ふくしん」? なんとなく優秀な部下、パートナー、といったニュアンスなのかとは思いますが、ちょっと理解が足りていないので早速調べてみました。 「ふくしん」とは「腹心」と記述して、意味は「腹」と「胸」、またそこから「心の奥底」と言う意味で、「本音」的な意味と、何でも話せる仲の方を指して「腹心」と言うのだそう […]

  • 2012-11-16

「敷居が高い」の本当の意味は?上品とか高級で入りにくいという事ではありません。

先日ふとした会話の中で気になる文言を耳にしました。 「あそこは敷居が高いからね。」 「敷居が高い」? 如何にも高級な佇まいの旅館や料亭、レストランやブランド店など、入るのに躊躇するようなお店などの事を「敷居が高い」と言いますが、これって一体どういう意味なのでしょう?その語源・由来は? ちょっと気になったので調べてみました。 「敷居が高い(しきいがたかい)」とは本来、不義理な事があって顔を出しにくい […]

  • 2012-11-14

「ひゃっかそうめい」とはどのように記述する?その意味は?(百家争鳴)

ラジオを聴いていると、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。 「あれはヒャッカソウメイというような・・・」 「ひゃっかそうめい」?? 四字熟語なのかとは想像できますが、まったく意味が分かりません。 早速調べてみました。 「ひゃっかそうめい」とは「百家争鳴」と記述して、いろいろな立場の学者がそれぞれの立場から自由な議論を交わす事。にぎにぎしく自由に行われる議論の様。といった意味になるのだそうです。 […]

  • 2012-11-13

「あながち」とはどういう意味?漢字で「強ち」と記述するとの事。

先日友人との会話中にちょっと気になる文言が耳につきました。 「あながちそうとも言えないよねー。」 「あながち」?? その場ではなんとなく受け流しましたが、「あながち」とは一体どういう意味でしょうか? なんとなくニュアンスは理解しているかと思いますが、じゃあ意味は?となるとハッキリ分かりません。 改めて調べてみました。 「あながち」とは漢字で「強ち」とも記述して、意味としては、一概に、必ずしも、むや […]

  • 2012-11-12

「はしょる」とは省略するとの意味ですが、その語源は?

先日友人との会話の中で、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「話をはしょって言うと・・・」 「はしょって」。。 意味としては「省略して」との事になるかとは思うのですが、なんで「はしょって」と言うのでしょうか? ちょっと気になったので調べてみました。 「はしょる」の意味は認識していた通り、「省略」との意味で間違いないようなのですが、漢字で「端折る(はしおる)」と記述して、元々は着物の裾を上げて丈 […]

  • 2012-11-09

「政商(せいしょう)」とはどういう意味?

ソフトバンクの孫さんが進めている自然エネルギーに関連して、なにやらどこぞの先生様と一悶着あったようで。関連記事を読んでいるとよく意味の分からない文言が目にとまりました。 「政商(せいしょう)」と言ったとか言わないとか。 「政商」とはあまり聞かない言葉ですが、よくない表現なのでしょうか? 気になったので調べてみました。 「政商」とは、政治や官僚と癒着して繁栄した企業、といった意味になるとの事。 これ […]

  • 2012-11-08

「アーカイブ」とはどういう意味?(archive)

メール関連の設定をしていると、ちょっとよく理解できないカタカナ英語を目にしました。 「アーカイブに移動すると・・・」 「アーカイブ」?? 早速調べてみました。 「アーカイブ」とは多くの場合、「書庫」といった意味になり、コンピューター関連で使われる場合には、複数のデータをひとつにまとめる、またはその作業、といった意味になるとの事。本来の英語「archive」の意味は、もう少しお堅い「公文書」「公文書 […]

  • 2012-11-07

「姑息(こそく)な手段」とは、卑怯とかずるいといった意味ではないのだそうです。

「姑(しゅうと)」の「息(いき)」と書いて、「姑息(こそく)」と言いますが、イメージとして「しゅうとめ」の意地悪なおばあさんの息で、卑怯やずるい、といった意味にかと思ってましたが、これって認識が間違っている模様。 「姑息(こそく)」とは、その場しのぎ、一時逃れ、といった意味で、そのもの自体に「卑怯」といったイメージは含まれてはいないのだそうです。 へー、、、そうだったのね。。。 こざかしい、生意気 […]

  • 2012-11-06

「すれっからし」とはどういう意味?(擦れっ枯らし/擦枯/すれからし)

先日近所のおじさまとお話をしておりますと、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。 「まったくあれはすれっからしなんで・・・」 方言でしょうか? なんとなく話の流れから、「やっかいな人」といった意味なのかとは想像できたのですが、改めて調べてみました。 「すれっからし」とは「すれからし」とも言い、「擦れっ枯らし/擦枯」と漢字で記述するのだそうです。意味としては、過去に何度も酷い事を経験して、性格が素 […]