「離発着(りはっちゃく)」とは間違い?正しくは「離着陸(りちゃくりく)」となるとの事。 

先日、職場での会話中に、同僚が上司から指摘されていました。

「成田で飛行機のリハッチャクを見て…」
「りはっちゃく、じゃなくて、りちゃくりく、だよね。」

リハッチャク?リチャクリク??

深く考えた事はなかったのですが、どちらかというと自分も、りはっちゃく、の方が言い易いので使ってしまっているような。。

ちょっと気になったので改めて調べてみました。

「離発着(りはっちゃく)」とは、飛行機が飛び上がる離陸(りりく)と、着陸(ちゃくりく)を意味する「離着陸(りちゃくりく)」と、電車などの、到着と出発を意味する「発着(はっちゃく)」が混ざってしまった語句になり、基本的には間違った日本語になる模様でした。指摘されていた通り、「離着陸(りちゃくりく)」が正しい日本語の模様です。
テレビなどの放送でも、離発着(りはっちゃく)とは使わないとの事で、やはり正しくは「離着陸(りちゃくりく)」になるのですね。

なるほど、なんとなしに使っていても誤用している事って、結構ありますよね。
またひとつ勉強になりました。人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。