「意気地」とは何と読む?またその意味は?正解は「いくじなし」の「いくじ」でした。

小説を読んでいると、ちょっと読みの分からない文言が目に止まりました。

「全く意気地がないもんで…」
「意気地」?
「いきじ」??

ちょっと意味がはっきりしません。
早速調べてみました。

「意気地」とは「いくじなし」の「いくじ」で「意気地(いきじ)」と書いて「いくじ」と読むのだそうです。意味としては、気力、意志、意地、やり遂げようと思う気持ち、といった意味で、「意気地無し(いくじなし)」として、気力が無い、意志が弱い、といった意味で使われているのですね。また同じ意味で「意気地(いきじ)」と読むこともあるのだそうで、想像するに「いきじ」から「いくじ」と、読みが変化していったのでしょうね。

男たる者、一本ビシッとした意志が必要ですね。
私も「意気地なし」と言われる事のない様、日々の暮らしに精進したいと思います。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。